×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

熱海温泉ってどんな所?

代替テキスト

温暖な気候、海と山の美しい自然、そして美味しい味覚。明治時代から多くの文豪たちが居を構え、名作を執筆した熱海。熱海温泉の起源は、今からおよそ1250年前の天平宝字(755~765年)頃、箱根権現の万巻上人が、海中に湧く熱湯によって魚類が焼け死に、甚大な被害を被っていた漁民たちを助けようと志し、祈願によって泉脈を海中から山里へ移したことと伝承されています。最も熱海の発展に寄与した一人が徳川幕府初代将軍・徳川家康公です。慶長9(1604)年3月、家康公は義直、頼宣の2人の子供を連れて、7日間熱海に逗留(東照公記等)し、同年9月、京都で病気療養中の吉川広家(周防・現在の山口県)の見舞いとして熱海のお湯を運ばせました。当時、すでに全国レベルの名湯と知られ、より京都に近い「有馬の湯」ではなく、「熱海の湯」を運ばせたところに、家康公がいかに熱海温泉を気に入ったかがうかがい知れます。 現在でも約90度と非常に高温の大湯ですが、江戸城に着く頃、湯樽の温泉はちょうどいい湯加減を保っていたそうですから、担ぎ手の健脚ぶりは驚くべきです。記録では昼夜兼行で15時間、その風景から「熱海よいとこ日の丸たてて 御本丸へとお湯が行く」という唄が生まれました。七湯の歴史をご紹介します。その昔、大湯をふくめて「熱海七湯」(あたみななゆ)と呼ばれた自噴の温泉が熱海の名湯として知られ、大正時代にはまだ残っていたそうです。 河原湯 この湯は神経痛やリューマチなどに効能があり塩分が多く、人が入ると透明な湯が白く濁るほどであったといいます。◎佐治郎の湯 火傷にも良いが眼病にも効くといわれ、別名「目の湯」ともいいました。大湯 今は人工的に噴出する間歇泉として整備、市の文化財として保存し、現在に至っています。他3カ所有り熱海梅園 熱海城 熱海ロープウエイ秘宝館などなど観光場所は多い。

熱海温泉全部のお宿はこちら>>

アフィリエイト収入